一般社団法人 姫りんご トップ姫りんごグッズ|ご挨拶と歩み|活動内容 
ご挨拶と歩み目的
姫りんご音符 ご挨拶と歩み

はじめての方もよくご存知の方もこんにちは「まちこ先生」と申します!
と、コンサートではいつもご挨拶させて頂いておりますが、
改めまして、一般社団法人「姫りんご」代表理事の髙松眞智子と申します。
さて、一般社団法人「姫りんご」とは、オペラや舞台、オーケストラ・テレビなど第一線で活躍しているメンバーを始め、この活動に共感し合ったメンバー&スタッフで構成されています。
様々なご事情をお抱えの方や赤ちゃんから大人まで、クラシックを気軽に楽しみ、そして、社会福祉・地域社会への貢献を願う喜びある楽しいコンサートを手掛けております。また、支援を求めている方とご支援くださる方を、個人企業問わずご紹介する架け橋となってまいりました。 さて、姫りんごとは2005年、私がまだ音楽事務所に所属し、毎日ひたすら演奏の仕事をこなしておりましたときに企画したものでした。当時、社会福祉施設を展開している方に、闘病中やリハビリの方、子供や一般の方、そして人は誰しも色々抱えていえるものだから、どんな人にも皆に心から喜んでもらえる「ひととき」の音楽会を企画してくれないかとお声をかけて頂きました。
また、当時、自分自身に人生を変える問題があり、この依頼を引き受けることとなったのがきっかけでした。
そのときに、第一線で活躍中であった若手の演奏家を集め、演奏家が仮装をしたり、そして堅苦しくなく、短めにアレンジなどしたクラシックコンサートに交え、音楽療養的な要素、昭和の流行歌、子供たちの歌も取り入れ大変ご好評頂きました。その後、クラシックにあまり親しみのない方や、なかなか入場できない赤ちゃん連れ、車イスの方、心や体その他色々とお悩みを抱えている人、皆が楽しめるコンサートをしてもらいたい!!というお声が沢山寄せられました。
当時、まだ若さと勢いがあり・・・演奏等の仕事などもすべて辞めて活動をどうにか形にすることだけに、専念をして参りました。
そして2006年国の登録有形文化財でもありますカソリック「松が峰教会」において、神父様と教会の皆様が快く会場を貸して下さり、教会にとっては大切な日である復活祭の日にコンサートが実現致しました。
その後、毎年行わせて頂き、赤ちゃんや幼いお子さん連れのご家族や妊婦さんも来場頂いたり、お子さんがぐずった場合はスタッフがあやしたり、また、リハビリ中の方や車イスの方がすんなり会場に入れるようにスタッフを増員し、お子様方をご招待するなどさせて頂き、大きな反響を受けることとなりました。
そこには、沢山の方にいらして頂き、沢山のご縁が生まれました。

特別支援学校では、ぜひこのコンサートを子供に聞かせたいと若い先生たちが頑張った末、開催の実現となり、結果、500人もの皆さんと楽しいコンサートをさせて頂きました。後日、子供たちからお手紙や作品を沢山頂き、涙なしでは見られない心温まるお手紙も頂きました 。
またドナルド・マクドナルド・ハウスとちぎのマネージャー様より、コンサート後にご依頼を頂き、自治医科大学大研修センターという800人の定員の大きなホールにて、盛大なチャリティーコンサートを行い、寄付をさせて頂きました。ドナルドマクドナルドハウスにおきまては、それをきっかけに、沢山の方々の支援の手をつなぐ架け橋をさせて頂きました。
また、遠く五島列島の病院や施設、学校へも訪問する機会があり、離島の難しさも聞き身に染みました。
そして、演奏家を目指している子や音楽を勉強している子が、プロの演奏家と同じステージで一緒に参加できる場も作って参りました。
また、活動当初より行っておりましたアットホームなコンサートも、カソリック川越教会では2009年~行わせて頂きました。こちらでは、近隣施設の方々や子供たちはご招待し、アットホームなコンサートをさせて頂きました。
そして、思い出せないほどのエピソードも沢山生まれました。
コンサート後に、歩行困難で介助が必要な方が、いなくなってしまい必死にヘルパーの方が探していましたら、なんと自分の足で自宅に帰っていた!という驚きのエピソード、心を開くことのなかった方が涙を流して感動して下さったり、ひと時でも世の中の喧騒から離れることが出来てとても楽しかったと笑顔でお帰り下さったり、そして・・・
最後にお配りしております『願い星』を「これは世界に1つの星だから、家族の分も持って帰っていい?」と満面の笑顔で沢山ポケットに詰め込んで帰った子供たち。いつも私たちが皆様から喜びと感動を頂いて参りました。

そして2010年、「姫りんご」から「一般社団法人 姫りんご」へと変更致しました。

また、東日本大震災以降、ご縁があって、南相馬市の震災遺児支援も、細々とではあるのですが、続けさせて頂いております。
そんな中、私事ではありますが、2011年に体調悪化し、2012年のコンサートでは立っている事やっとの状態で、活動を休止せざるを得ませんでした。また、その後、産後を経験致しましたが、難しい出産となり、体調が戻ることは難しく、活動の復帰は諦めていました。

しかし、いつもいらして下さっていたお客様方、そして何より、メンバーからも、この活動を楽しみにしているので、少しずつでも再開しましょう!と背中をおしてもらい、20145月、品川プリンスホテルにて、再開のチャリティーランチコンサートを行うこととなりました。
少しずつではありますが、これからも皆様と、地域社会への貢献と平和を願う活動、喜びあふるる笑顔のコンサートを行っていきたいと思っております。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

20144

姫りんご 目的
私たちは、皆様に音を用いた場を提供し、地域における文化芸術や教育を発展普及させるとともに、次世代を担う子供たちの心の豊かさや健全な精神の向上を図り、活力ある地域社会の形成を推進していくことを目的としています。

 
この活動を始めた当初、クラシックに対して敷居が高く堅苦しいイメージを持った方にも受け入れやすいように、また子供たちと一緒に楽しめるようにと、まちこ先生がしていた格好を、姫りんごのキャラクターとしてぴぃスケさんがイラスト化したものです。これまで、多くの皆様に親しまれて参りました。また、ぴぃスケさんは一般社団法人「姫りんご」の名づけ親でもあります。
 
『りんごは、形も色も香も味も、かわいらしく幸せな気分♪にしてくれるし栄養満点!!まちこ先生のイラストに少し似ていませんか?』by ぴぃスケ
 
 
トップ姫りんごグッズ|ご挨拶と歩み|活動内容
Copyright(C)2011 HIMERINGO All rights reserved